読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなこのブログ。

自称・和み系ブロガーのはなこがくだらないことばかり書くブログです。

【4歳誕生日】娘がプリキュアになった日。

わたしと娘

f:id:hana5521:20160526153349j:plain

わが家の可愛いトップ・オブ・エンジェルこと娘氏が、今月とうとう4歳になったのである。

4歳というと「子ども」というイメージを皆様お持ちであろうが、わが娘に関して言えばそれは当てはまらない。

なぜなら、彼女はもうすでに「レディ」だからなのである。

保育園の先生から、「今日、娘ちゃんに『好きな子だれ?』って聞いたら、すごく恥ずかしそうに『◯◯くん♡』って教えてくれました!」と報告されたときには、「もうそんな歳頃なのか…」と少し感傷的な気持ちになったが、「娘ちゃん、好きな男の子いるんだ?」と直接本人に確認してみたところ、「うん、△△くん!」と全然別の男の名前を出してきやがり、彼女の小悪魔加減に思わず身震いしたほどである。

最近では、出かけるとき娘は必ず『おしゃれセット』なるものを持ち歩いており、道端で突然、「プルルルル…あっ娘ちゃんのしゅまほにめーるきてる!」と言っては立ち止まり、おもちゃのスマホをおしゃれセットから取り出してはピポパポ操作するなどしている。

わたしが「あー今日は暑いなー」と太陽を見上げれば、「娘ちゃんうちわもってきたから!」と、おもちゃの扇子を取り出してパタパタと仰いでくれたこともあった。
その用意の良さはもはやレディを飛び越えておばちゃん級であるなと密かに思ったものだ。

そんな娘が今年の誕生日プレゼントとして欲しがったのは、
『おしゃべり変身モフルン』
という代物である。

魔法つかいプリキュア! おしゃべり変身モフルン

魔法つかいプリキュア! おしゃべり変身モフルン

 

 

モフルンとは、現在、日曜の朝にABC・テレビ朝日系列で放送されている「魔法使いプリキュア!」に登場する、「〜モフ!」と可愛らしくしゃべるクマのぬいぐるみである。
このモフルンと手をつなぐことで主人公らが「プリキュア」に変身できるという設定のため、『おしゃべり変身モフルン』という商品名なのだ。

プリキュアが大好きな娘は、テレビを見るたびに何度も流れる『おしゃべり変身モフルン』のCMにすっかり 洗脳 魅了され、誕生日のずっと前から、「おしゃべりモフルンほしい!」とわたしにねだっていたのだった。

「じゃあ誕生日プレゼントはモフルンね。」と、プレゼントがすんなりと決まったのは良かったが、わたしにはひとつ心配なことがあった。

「モフルンと手をつないでプリキュアに変身!」というフレーズと、プリキュアの衣装に早変わりするキッズモデルたちで構成されるこのCMであるが、はたして娘は、 “実際には変身できない” という大人の事情をきちんと理解しているだろうか?ということだ。

モフルンを買ったはいいが、「へんしんできない!」とガッカリさせてしまっては可哀想である。
薄汚れた大人の事情で、子どものピュアな心を傷つけてはならぬのだ。

しかしその点については全く問題なかった。

わたしの実家に訪れた際、娘はじじばば(わたしの両親)に対して、「ぷりきあのおよーふくがほしい」と、しっかりと注文していたのである。
若干4歳にしてこの抜け目なさ、わが娘ながら末恐ろしい。

こうして、娘はプリキュアに変身するためのグッズを全て揃えることが可能になったのだった。

「お誕生日おめでとう〜!」

3人家族では絶対に食べきれないだろうと思われる(実際に食べきれなかった)大きなフルーツケーキ(どうしてもこれがいいとねだられた)に、4本のロウソクが立っている。

「フゥ〜!」と勢いよく火を吹き消す娘を見て、「前まではうまく吹き消せなかったのにね…」と少しヨヨヨとなるわたしと夫である。

ケーキをたらふく食べたあとは、いざ、『おしゃべり変身モフルン』を買いに行くべく、わたしたち家族はお店へと足を運んだ。

おもちゃコーナーへ足を踏み入れた途端、モフルンの元へ一直線に向かっていく娘に、「他のものは見なくて大丈夫?モフルンで決まりでいいね?」と念を押すと、食い気味で「いい!」と言われたのでそのまま購入。
その後は娘が行きたがっていたキッズランド(商業施設内のちょっとしたテーマパーク的なところ)に移動した。

たくさんのおもちゃやアトラクションがあるにもかかわらず、娘の関心はモフルンただひとつである。

「はやくあけたい!」

娘のキラキラした視線を浴びてガシャガシャとモフルンを箱から取り出した夫が見つけたのは、『電池は別売り』という新事実であった。
夫、百均へ走る。

別売り(大事なことだから二回言う)の電池を購入してモフルンにセットすると、「モッフ〜!」という愛らしい声が聞こえてきた。

「しゃべった!」
「喋ったよ!」
「喋ったね!」

感動もひとしおである。

どうやらモフルンの手をにぎると「おはなしするモフ!」「げんきいっぱいモフ!」などとランダムでしゃべる仕組みになっているらしく、たまにちょっとしたゲームなんかも提案してくる仕様になっているあたり、今どきのおもちゃは侮れない。(夫が「すごいすごい」とはしゃいでいた)
そして、モフルンの首のリボンを『リンクルストーン』という宝石に付け替えると変身モードになり、プリキュアの変身メロディーと決め台詞が流れる。
これであとは衣装さえ手に入れれば、娘はプリキュアに変身できるのである。

日が暮れるまでキッズランドで遊んだ(変身の予行練習も何十回とした)あと、家に帰ると宅配便が届いた。
きっと例のアレである。

「なんだろなんだろ〜♪」と、娘とともに箱を開けると、、

f:id:hana5521:20160528092754j:plain

「キュアマジカル  サファイアスタイル」の衣装である。
娘がじじばばに注文した通りの品だ。 

魔法つかいプリキュア! 変身プリチューム キュアマジカルサファイア 95cm-115cm

魔法つかいプリキュア! 変身プリチューム キュアマジカルサファイア 95cm-115cm

 

 

 ちなみに、魔法使いプリキュアは2人の主人公「キュアミラクル」と「キュアマジカル」で構成され、それぞれ「ダイヤスタイル」「ルビースタイル」「サファイアスタイル」「トパーズスタイル」など、さまざまな変身スタイルを有しており、これはこれはさぞかし商売繁盛であろうな…とグッズサイトを眺めながらゲスな笑いをこぼすわたしは薄汚い心を持った大人である。

ともあれ、娘の変身準備は整った。

衣装を手に取るやいなや、光の速さで別室に飛んでった娘は、「じぇっっったいにみないでね!!」とわたしに釘をさし、お着替えタイムにはいった。

数分後、「じゃ〜〜〜〜ん」と登場した娘はまさに、キュアマジカルそのものであった。

f:id:hana5521:20160528091006j:plain

これをキュアマジカルと言わずに何がキュアマジカルであろうか、というほどの堂々たるマジカル具合である。

厳密にいえばこの時点ですでに変身しているわけではあるが、このあとの儀式こそが大事なのである。
おしゃべりが止まらない様子のモフルンにリンクルストーンを装着し、娘ことキュアマジカルと、わたしことキュアミラクル(衣装なし)は二人で手をつないだ。

「ミラクルマジカルジュエリーレ!」

チュルルルルルルと音楽がなり、モフルンのお腹がピカピカと輝く。
わたしたち二人はきらびやかな光に全身を包まれた(という体)。

「二人の奇跡、キュアミラクル!」
「ふたりのまほー、きゅあまじかる!!」

見事に台詞をキメた娘は、晴れてプリキュアに変身することができた。

そしてその後も軽く100回は変身した。(当然わたしも付き合わされた)

何はともあれ、娘はとても嬉しそうにしているし、いい誕生日になったな…と家族みんな大満足の1日であった。

ちなみにこのモフルン、放っておいても勝手にモフモフと喋り出すし、「てきがあらわれた!へんしんするモフ!」とか煽ってきたりもするので(このときすぐに変身モードにしないと「モフ!」と怒られる)、使用しないときは両手を3秒握りスリープモードにしなければならない。

 

 

そしてあれから2週間ほど経った今、

 

 

 

モフルンは、

 

 

 

常時スリープモードになっている。

 

 

というか2週間経たずとも、購入3日目くらいからはもうほぼ寝たきりの状態である。

f:id:hana5521:20160526164714j:plain

わたしが「モフルンとおしゃべりしないの?」と娘をせっついても、「モフルンねてるからいいんだよ」と、あのときの目の輝きはすでに消え失せている。

マジカルの衣装の方は、気に入ってほぼ毎日着ているが、「わたしのなまえはアオイ。まほーちゅかいなの。」と、オリジナルの設定になっていたりする。

これも彼女が「レディ」であるゆえのこと。仕方がないのかもしれない。
女心と秋の空なのである。

身内に年頃の女の子がいる方などは、わたしのようにこの『おしゃべり変身モフルン』をねだられたりするかもしれない。
その望み通り、プレゼントするのもいいだろう。
だがひとつ言わせて欲しい。

 

 

『おしゃべり変身モフルン』は、電池別売りです。

 

 

おしまい。

 

↓↓↓

3歳のお誕生日振り返り。

www.hanako-no-blog.com

 

ツイッターもやってるよ。

お仕事&活動履歴(2016/5/31更新)

はなこ ブログ・お仕事

現在「赤すぐnet 妊娠・出産・育児 みんなの体験記」で不定期連載中でございます。

お仕事のご依頼はhanakonoblog5521@gmail.comまでご連絡くださいませ。

過去のお仕事&ブログ以外の活動は以下からご覧になれます。

2016年

・Web

storie.jp

akasugu.fcart.jp

wedding.mynavi.jp

akasugu.fcart.jp

akasugu.fcart.jp

・雑誌

akasugu.fcart.jp

→産後の体験記を掲載していただきました。

2015年

wedding.mynavi.jp

akasugu.fcart.jp

akasugu.fcart.jp

srdk.rakuten.jp

akasugu.fcart.jp

akasugu.fcart.jp

akasugu.fcart.jp

akasugu.fcart.jp

・雑誌

→「雨の日の過ごし方特集」にて4コマやイラストを掲載していただきました。

2014年

next.rikunabi.com

next.rikunabi.com

「はなこのブログ。」おすすめ記事まとめ

ブログ・お仕事

 

これ読んどきゃとりあえずオーケーだろっていう人気記事や、自分のお気に入りのやつなんかをまとめてみましたのでどうぞ。

人気記事

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

・マンガ系

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

・はなこのお気に入り

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

www.hanako-no-blog.com

 

【育児4コマ】「進級」ほか2本

わたしと娘 4コマ

f:id:hana5521:20160531135600j:plain

f:id:hana5521:20160531135626j:plain

 

 

f:id:hana5521:20160531135658j:plain

保育園のおともだちは兄弟がいる子も多いので、そういうのに憧れているみたいです。
将来、ほんとうの弟か妹ができるといいね…(遠い目)

 

 

f:id:hana5521:20160531135729j:plain

 

 

【育児4コマ】「だいすき」ほか7本

わたしと娘 4コマ

f:id:hana5521:20160531134121j:plain

どうもラブラブですいやせん。へへっ。

近ごろの娘はほんとにラブラブモード全開なので、よくこうして「大好き合戦」をしては互いの愛を確かめ合っています。こんな娘もいずれは思春期を迎え「うるせぇクソバババァいますぐくたばれ」とか言ってくるかもしれないので、今この瞬間を存分に噛みしめたいと思う所存です。

↓早くもママへの愛が揺らぎはじめている件

 

 

f:id:hana5521:20160531134515j:plain

娘が鉄砲おもちゃを持つと必ずやりだすあそびです。よい子は真似しちゃだめ。

 

 

f:id:hana5521:20160531134610j:plain

真面目かっ!っていうw

3歳ぐらいになると、だんだんとその子の性格だったりがみえてきて子育ての面白みが増しますよね。

 

 

f:id:hana5521:20160531134736j:plain

野菜食べ名人ってなに!?

 

 

f:id:hana5521:20160531134856j:plain

こちらからは以上です。

 

 

f:id:hana5521:20160531134945j:plain

え?じゃねーよ。

 

 

f:id:hana5521:20160531135024j:plain

たしかにわたしも子どもの頃シロップのかぜ薬とか好きだったな…。
けど錠剤は大人になった今でもうまく飲めない…。

 

 

f:id:hana5521:20160531135047j:plain

「いい天気だー」

「ごはんなに食べよう」

「パパ何時に帰ってくるんだろ」

娘がまだ言葉をしゃべれない赤ちゃんの頃から、なるべく多くの言葉にふれてほしいと、わたしは彼女と一緒にいる時間、たくさんの「ひとりごと」を喋ってきた。

けれどもいつのまにか、ひとりごとはもはや「ひとりごと」ではなく、しっかりとした「会話」になっていた。

「いいおてんきだねー」

「おにくがたべたいなー」

「はやくかえってくるといいねー」

それはほんとうに、
いつのまにか、
いつのまにか、
あまりにもあたりまえにわたしの日常となって、わたしはそんなことにも気づかないまま、昨日とほんの少しだけちがう今日を、彼女とふたり、歩いているのだった。

 

 

【育児4コマ】「休日の過ごし方」ほか2本

わたしと娘 4コマ

f:id:hana5521:20160531132718j:plain

昼寝大事。すごく大事。(母にとって)

わたしは基本、休日は「ぐでたま」のようなスタンスで過ごしたいのですが、遊び盛りの子どもがいるとそうもいかないですよね。
今日はとりあえず娘の希望どおり、朝、ふりかけごはんを食べさせ、そのあと公園に遊びに行ったところで母の充電が切れ、帰るなりお昼寝を強要する事態となりました。(わたしが寝落ちした)

公園では娘が砂のオムライスをつくってくれたので、夜ごはんに本物のオムライスをつくって恩返しをしました。

「ママのオムライスおいしいね」と完食してくれたのですが、そのあと、「ママ、ありがとうは?」となぜか礼を強要されたことが腑に落ちません。

 

 

f:id:hana5521:20160531133046j:plain

スナップ。手のスナップ。

ことばがスムーズに出てこないからなのかもしれませんが、こんな風に、手のスナップで指示を出してくることがしばしばあるんですよ。

えらそうなの。すごいえらそうなの。

何様やねん、みたいな。

お子様ですよね、すみません。

 

f:id:hana5521:20160531133133j:plain

ちいさい子どもに「お金」について理解してもらうのは難しいですよね。

うちの子はよく「おみせやさんごっこ」などをしておりますが、おみせやさんが品物をくれるうえに、お金まで払ってくれるという摩訶不思議現象が起こっています。

そんなわが子の金銭感覚の話なんですが、なにを争っているのかよくわからなくなりました。

「お金がなければATMでおろせばいいじゃない」なんて、平成のマリー・アントワネットか、おぬしは。 

↓娘におもちゃのお金を与えてみた件

金の使い方が大物。

 

 

【育児4コマ】「雪」

わたしと娘 4コマ

わたしの住んでいる地域では雪がつもりました。
娘はずっと雪で遊ぶのを楽しみにしていたので大喜びでした。

 

f:id:hana5521:20160531132113j:plain

はい。気をつけます。
3歳児よりずっとドン臭い29歳児です。

小さい雪だるまをつくり、おうちに住まわせてあげました。

f:id:hana5521:20160531132225j:plain

すると娘が、
「これじゃだめだ」と言って、

f:id:hana5521:20160531132247j:plain

チビだるまにお布団をかぶせてあげ、

f:id:hana5521:20160531132308j:plain

温かい飲み物を用意してあげていました。優しいね。

 

 

末吉女と大吉男

はなこ

あけましておめでとうございます。餅食ってるかーい?

新しい年のスタートということでね、「ようし、来年から本気出すぞー!」なんて気合い充分のわたしなんですけれども。
 
みなさん、おみくじ引きましたか?
わたしは毎年元旦に初詣に行くのでそんときにいつも引いてるんですけどね。
 
これがもう毎っ年「末吉」なんですよ。
 
末吉ってさ、ちょー微妙でしょ。
 
一般的にはおみくじってだいたい
大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶>大凶
ってなかんじの内容だと思うんですけど(「吉」って小吉の下だと思ってたけど今調べたらこうだった)、末吉ってこれ見る限り「吉」の皮を被ってるけど実際は「凶」寄りのやつじゃないですか。
 
でもぎり凶ではないから特段ネタにもならないし。ね、こいつ微妙でしょ。
 
で、あまりにも毎年「末吉」を引いてしまう末吉女だもんで、わたしにとって大吉とかって都市伝説に近い存在だったんですけど、これがまあ不思議なことに、「今まで大吉しか引いたことない」なんて奴もいたりしてね。
 
まあうちの夫のことなんですけど。
よく行方不明になることで有名なうちの夫のことなんですけど。
 

 
年越しをすっぽかしといてハーゲンダッツひとつで許しを得ようとするうちの夫のことなんですけど。
 
まあ結婚前の交際時から何度も一緒におみくじ引いてるんですけど、本当にやつは毎回「大吉」なんですよ。
ね、むかつくでしょ、あいつちょーむかつくでしょ。
 
宝くじとか買ってもあいつだけ当たるのね。ね、むかつくでしょ。
 一緒にごはん食べに行ってもわたしの注文だけ忘れられて全然こないからね。
わたしがちょっと道端の自転車に触れただけなのに5メートル先くらいまで将棋倒しになったの見て「こんなの漫画でしか見たことない」つって爆笑してたからね。
 
ほんでまあこの末吉女と大吉男は恋のようなものを経て結婚して5年目?くらいになるんですけど、まあ2ヶ月にいっぺんくらいは離婚したくなりますよね。
年越しをすっぽかすような男ですからね。
 
まあでも鍛えられましたよ。
翌朝帰ってきた夫に「大丈夫?夫くんのとこだけ時空が歪んじゃってたのかな?」っつって軽くスルーできるレベルには到達しましたから。
 
そんでね、まあ何が言いたいかというと、そんなわたしの絶え間ない努力をね、神は見てたんですよ。
 
今年はね、
 
生まれて初めての「中吉」だったんですよ!
 
f:id:hana5521:20160104031918j:image
\ドンドンドンドンパフパフ/
 
もうね、これで「万年末吉女」なんて誰にも言わせないですから。(そもそも誰にも言われてない)
「そういう星の下に生まれたのよわたしは…」とオヨヨしていた過去の自分を存分に抱きしめてあげたいんだぜ。
 
そんなこんなで感極まって「中吉!中吉!中吉!中吉!」つって叫んでたわたしなんですけどね、隣で夫が淡々と呟いたんですよ。
 
「あ、また大吉だ」って。
 
ね、むかつくでしょ。
 
そんでまあ悔しさがこみ上げてきてキーキー言ってたんですけど。
さてはおまえ神社と癒着してるな!つって。
 
だけれどそこで夫が、「でもそういえばこの前会社の人たちとお参りしたときに引いたおみくじは大凶だったんだよね」とか言い出して、
 
「はなこと一緒にいると大吉ってことなんだな」って、
 
 
まあ
 
 
そういうことなら
 
 
これからも一緒にいてあげてもいいけどね
 

f:id:hana5521:20160104032915j:plain

 
と、そんなかんじの2016年幕開けでございやした。
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

【育児(約)4コマ】「メリークリスマス」ほか2本

わたしと娘 4コマ

f:id:hana5521:20160531131608j:plain

メリークリスマス!!
今夜、よい子の娘ちゃんにサンタさんが来ますように!

 

 

f:id:hana5521:20160531131635j:plain

f:id:hana5521:20160531131646j:plain

生きてない…!

 

 

f:id:hana5521:20160531131750j:plain

不思議と毎回かならず逆に履いてしまうのです。確率は半々なはずなのに。